ハル&メイの五月晴れ便り

愛知県で暮らす 14歳になったワイマラナーHAL(ハル♂)の日常と、メイ(Mダックス)の想い出、折々のお花や好きなもの(こと)。

母なので

母なので、眠れぬ夜もあるのです。


今までも、息子の成長過程の時々に、
あれこれ悩みはあったけれど、
今思えば かわいいモンだったなぁと思います。


「生きていれば いろいろありますよ。」という
シンプルな一言が スッと心に沁みました。


そうだよね。そうなんだよ!

と、少し気持ちが和らいだので
隣町の産直で カサブランカを買いました^^


1


蕾もたくさん付いているカサブランカ2本で400円は、良い買い物だったでしょ?(笑




2


この時期の じっとりと湿り気を帯びた空気の中、
濃厚な香りが部屋中に漂います。



産直のついでに、こんな可愛いケーキ屋にも寄ってみました。


3



ええええ、悩んでいても
食欲は相変わらずですよ^^;



4


晩ご飯は 産直で買ってきた野菜とお肉。

「コレ 旨いなぁ」と次男K。

母として、時には突き放すことも必要だけれど
今回は つかず離れずの距離で見守ってやろう。

そして、毎日おいしいご飯をつくってやろう。

ま、何とかなるさ(^^)d
 ・・・と思いたい



ペットブログなのに こんな内容なので、
今回コメ欄閉じますね(^^ゞ






スポンサーサイト

テーマ:ワイマラナー - ジャンル:ペット

  1. 2014/06/10(火) 06:00:00|
  2. 未分類

寿

10月13日(日)
長男DとMちゃんの、挙式・披露宴が行われました。

朝から天候にも恵まれ、
二人の門出を祝うかのような、雲一つない 抜けるような青空でありました。


写真はほぼ次男Kがコンデジで。
さすがに新郎の母が、デジイチかまえる訳にもいかず^^;



挙式前に、本殿に参拝。

晴れやかな笑顔の二人

1

この日はギャラリー多し(汗
七五三や観光客でごった返す参道を、
参列者全員でぞろぞろと(滝汗

小さな女の子に「おめでとうございます」と
声をかけてもらいました<(_ _)>


この日は大安ということで、
わが家を含め、16組ものカップルが挙式だったとか。

後ろには、もう次のカップルが(笑

2

こういう機会でもなければ、なかなか入れない本殿は
涼しい風が吹き抜けて、爽やかで清々しい気分に。


本殿参拝の後は、杜の奥の池に浮かぶこちらで挙式。

3 勾玉苑


笙や篳篥(ひちりき)など、目の前で神官たちが奏でる生の雅楽。
そして巫女さん達は、神楽を舞い・・・

おごそかな雰囲気の中、式は始まりました。

そして丁度、三三九度の杯のあたりで・・・
あろうことか、まるで合いの手のように鳴り響く、ワタシのお腹

前夜から、母と弟と三人で 名古屋のホテルに宿泊しておりましたが
緊張していたのか、朝食をほとんど食べられず、
万が一に備えて ゼリー飲料を買っていたものの
ソレを飲み込む時間もなく・・・・・・トホホ




4

実家母と長男D



5

白無垢姿がよく似合っていたMちゃんと一緒に




披露宴は、庭園の眺めが素晴らしい、一日一組限定のこちらの建物。

6




7

「和」にこだわり、ウエディングケーキの代わりに樽酒の鏡開き



親族勢ぞろいの図。

10

後方左から、弟・母・ワタシ・相方・次男K・義弟

孫にも衣装とはよく言ったもので
意外と 相方のモーニング姿が似合っていたのにビックリ



9

なぜかDの退出の際、ワタシと一緒に手をつなぐか腕を組んで・・・というサプライズ
しかも曲は「赤いスイトピー」
ウン十年前のワタシの結婚式の折、友達全員で歌ってもらった曲でしたYO ^^;




8


親族以外、ほぼ同業者(爆
小じんまりとした会場なので、皆和気あいあい。
しかも長身のイケメン揃いで、母の目の保養にもなりました 

お堅いイメージの職場ながら、
そのイメージを覆すような、笑いの倍返し10倍返しで
皆さまに大いに盛り上げて頂き、
とても楽しい披露宴となりました

おかげで2時間の予定が、3時間半にも


11

Mちゃんの爪の先には、皆さまへの感謝の気持ち


相方は、親族紹介で 次男Kの名前を 自分の弟の名前と間違えたり
最後の親族代表の謝辞では、自分の名前を長男Dと言い間違え
一同ポカンの後、大爆笑だったり
慌てたのか、その後の挨拶が グダグダだったり・・・と
おかげで夫婦喧嘩のタネが増えました


そしてワタシは・・・
当日は気が張っていたのか、かなり冷静であったものの
日が経つにつれて、写真や動画を見るたびに 
じんわり感動と安堵感が

ともかく、やれやれです。。。

この3~4日、寝てもなかなか疲れが取れなかったのですけど
レッドブルを飲んだせいか?
やっとやる気が出てきたYO



テーマ:ワイマラナー - ジャンル:ペット

  1. 2013/10/17(木) 15:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:12

父の水墨画展

ペットブログにもかかわらず、今回はハルの写真が一枚もでてきませんが^^;
ご容赦願います<(_ _)>


3月20日(水)~24日(日)まで、愛媛県立美術館(南館)にて
父の水墨画展が開かれておりました。

3



13




その数日前に、地元の新聞やケーブルテレビの取材を受けたこともあってか、

4


おかげ様で5日間の期間中、630人ほどの方々においでいただきました。
通常の個展では、200人程ということですから、
父も私たち家族も、本当にありがたいことだと思っております<(_ _)>


9



また新聞を見た近所のおばちゃん達や、数十年ぶりに会う幼なじみ!!
そして、これまた久しぶりに会う親戚や従兄。

わざわざありがとうございました


そして、
本当はお顔をお見せしたいくらい、笑顔いっぱいのご家族です。


7


いつもブログを見てくださっている、GOミノルさんご一家。
可愛らしいSちゃん・Yちゃんも一緒です。ありがとね~

出会いは、ワタシが23歳になる年の4月
そして彼は小学3年生でした。

ワタシは駆け出しの新米であり、彼はヤンチャ盛りのワンパク盛り!
お互い迷惑をかけたり、かけられたり(笑

でもあれから数十年経ち、今では大切な友達です

これからも、笑顔の絶えないご家族でありますように
(奥さま、彼のこと、これからもどうぞヨロシク!)




相方とワタシ。
絵の大きさがよく分ると思います。畳1畳ほど大きさの物がほとんどです。

12



これらの絵はここ数年の、80歳前後に仕上げた作品ばかり。
驚くほどパワフルです。

1




5




9




10




6




12



最後に、家族集合写真。
7年半ぶりに会った弟は・・・すっかりオヤジになっていました(爆

2


父が水墨画を始めて20年。
ってことは、60歳を過ぎてからの挑戦ね!!

何かを始めるのに 遅すぎるということは無いのだなぁと、
父を見ていて改めて思います。

わが父ながら、尊敬


お時間あったら、父の絵を少し見て行ってね↓




続きを読む

テーマ:ワイマラナー - ジャンル:ペット

  1. 2013/04/03(水) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:14

クリスマスだけど神戸旅行記

プレゼント片手に、予約したレストランへと いそいそと向かう長男Dとは裏腹に、
今年もまたクリぼっちの次男Kと、
クリスマスだといって、浮かれる歳でもない中年夫婦。

頂き物のローストビーフと、普段よりほんのすこ~し高いワインを開け
うっすらクリスマス気分

ハルパパが24日は出勤だったせいもあり、
わが家のクリスマスは、23日のこの夕食で終わりでした


そんなワケで今日の記事は「神戸旅行記」!


1 神戸朝日ビルの、ぬいぐるみツリー


※ ご想像通り今回も長いです 大掃除の合間にでもど~ぞ

久しぶりにハルパパと二人新幹線に乗り、新大阪で下車。
そのままJRで神戸は元町へと向かう。
二人で神戸に出かけるのは、26年ぶりでした


程良く小腹が空いたので、南京町の豚まんの老舗「老祥記」へ。

学生時代から、元町へ来たらここは外せない!


2

この日も小雨ながら相変わらず混んでまして、ワタシ達の後ろには50人ほどの行列が!!
15分ほど並んで店内へ。

この味この味!やっぱり美味し~い
(写真撮る暇あったら 早く食べ終えて次の人に席を譲ろうよ・・・なので写真は無し)

ハルパパ、老祥記へ来ることを楽しみにしてたので、大満足の様子(笑

調子にのって、南京町の干支の石像とともに、写真なぞ撮りました。
ハルパパの羊と、やたらコブラっぽい来年のヘビ
ワタシの干支は・・・えへへ

3


お腹の虫も落ち着いたところで、
さてさて、本日の目的地へ向かいますよぉ

そもそも、なんで神戸なのか?


6 マウリッツハイス美術館展


またまたフェルメールです


5

ハルパパは9月の東京出張の折、上野の国立西洋美術館で「真珠の首飾りの少女」には会ったものの
時間の関係で「真珠の耳飾りの少女」に会うことが出来ず
この日わざわざ神戸まで会いに来たという訳

過去記事は、
草木も眠る丑三つ時&フェルメール展
フェルメールを追いかけ京都まで


観覧者がとても多く、青いターバンを巻く この可愛らしい少女には
ジグザグに続く人並みをのろのろと20分ほど進み、ようやくたどり着くことができました。

この他レンブラント、ルーベンス、ヤン・フリューゲル(父)などの絵も多数展示しており
武井咲の可愛らしい声の音声ガイドを参考に約1時間半、
ワタシなりに(笑)堪能できました


さて時刻は13時半。お昼ご飯何にする?

粉もんが大好きなハルパパは、
「お好み焼きか明石焼き、
もしくは、神戸牛のステーキは無理だからハンバーグ。」と答えたけれど、
誰かさんの香港旅行記のせいで
「神戸に行ったら中華でしょ!それも飲茶!!」と、ワタシは決めていた

時間の関係で、香港式のワゴンでサービスされる飲茶は諦め
元町駅から徒歩数分の「良友(リャンヨウ)」


6

ランチの飲茶コース、1600円を注文。

7

他に、サラダ・春巻き・デザートが付いてきて、
中華粥・焼き飯・ネギラーメンから、どれか一品選べます。
元町は中華激戦区だけに、味良しコスパ良し


お腹いっぱいになったところで、神戸の海側を散策。

8

ワタシの学生時代海側は、官庁やオフィスの建ち並ぶエリア。
おじ様やOLさんしか 足を踏み入れない場所だったのに(ワタシは4年間、一度も行った記憶が無い)
最近の海側の、なんとオサレ~なことぉ
ハイブランドや、お洒落なセレクトショップが 石造りの重厚なビルを飾り
それはそれはステキな街へと変貌を遂げておりました旧居留地
(みきっけちゃん、今の海側ってスゴイんだね!)


そして神戸といったら、ケーキとパン

こちら、ワタシが行ってみたかった 海岸通りのケーキ屋さん。⇒ 「mont plus(モンプリュ)」

9

しかし悲しいかな、先程の飲茶でお腹いっぱい
けっこうあった中華粥も、美味しくて最後まですすってしまった。
ケーキ別腹のワタシだけど、もう入らな~い

で、買って帰ろうと思ったのだけど、やはり愛知まではキビシイとのこと
せっかく来たのにどうしよう~?!とウロウロしていると、
唯一常温で3日もつケーキが、残り2個!

10

モンモランシー ¥350
ダックワーズ生地に、お酒に浸したチェリーと刻んだチョコ。
ほのかに紅茶の香りも残る、素朴なケーキ。

うんうん、ウワサ通りやっぱり美味しい
次回神戸に行ったら、まずここのケーキを食べなくっちゃ


そしてモンプリュの近所にあった、これまたお洒落なパン屋さん、「Salvador (サルヴァドール)」

11 12
(写真お借りしました)

1Fはベーカリーと、パンとともにワインが飲めるカウンターも。
2Fにはカフェ。

このエリア、このような可愛いカフェや雑貨屋さん、アクセサリーショップ、セレクトショップが点在し
若い女の子やカップルで、大変にぎわっておりました

ワタシとハルパパ、場違い感はありありだったけど
ハルパパ抜きでまた来たい

あの震災からもうすぐ18年。
大好きな街なだけに、よくぞここまで!!と感慨もひとしお。
また学生時代には無かった(知らなかった)、神戸の新たな魅力を発見する旅ともなりました

ハルパパ、今度は山側も歩きたいと、来年早々にまた行く計画立ててます(笑
行けるといいな

13

クリスマスだけど、その前に散在したのでプレゼント無しのハル。
すまんね^^;


大変なが~~~くなりました
最後までお付き合いくださり、ありがとう

さてさてワタシは今日から今年最後のバイト。
頑張らなくっちゃ。



テーマ:ワイマラナー - ジャンル:ペット

  1. 2012/12/25(火) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:10

滑走路?

今日は実家の83歳になる父の話を。


父が10代の頃、日本は太平洋戦争の真っただ中。

旧制中学の時、松山からはるばる愛知県の飛行機組み立て工場まで、
勤労動員で連れて来られました。
当時全国から、旧制中学や女学校の生徒さんたちが、集められていたそうです。

食べる物もなく、食事は油を絞った後の大豆かすばかり。
いつも空腹だったと。

日々空襲におびえ
機関銃掃射の度に、松林や畑に逃げ込んだとか。

戦争が終わり、無事に実家に帰った時には、
実の母(ワタシの祖母)が、「おまえ、本当に実喜夫かい?」と尋ねたくらい
骨と皮だけになり、人相まで変わっていたそうです。

そんな辛い体験のはずなのに、
毎年開く同窓会では、やっぱりあの時の思い出話に花が咲くそうで、
「今の大府に、一度みんなで行ってみたかった・・・」とも。


ところが昨年から、わが家の長男Dがこちら方面に勤務。

しかも先日地元の人から、とっておきの情報を得てきました



この何の変哲もない、真っすぐな道路。


1



なんと、あの飛行機組み立て工場の、滑走路跡



2


父から、組み立てた飛行機がちゃんと飛ぶかどうか
試験飛行用の滑走路があったと聞いていましたが
その滑走路跡は、70年近くたった今、整備され道路として使われているのです!


現在は東海市富木島町。大府市との境でした。
奥に見えるのは新日〇の寮。
周囲には大きなスーパーもあり、普通の住宅地となっていました。


そして滑走路の端は、崖になっていたと父。
今では下に下りる道路が付いていたけれど、確かに崖。


4


そこからは、あれから70年近く経った 現在の大府の市街地が一望できます。

父も時折ここから、遠くのあの山々を見ていたのでしょうか?

しかしまさかあの頃、自分の娘が数十年後にこの地に立とうとは
夢にも思わなかったはず!
ましてや孫が、この地での勤務になろうとは!!

本当に、人の縁とは不思議なものです。



平成24年晩夏の空に 戦闘機の姿はなく、

平和そのもの。

3



たくさん撮った写真は、秋の帰省で父へのお土産に。
同窓会で、みなさん盛り上がってくれるといいなぁ


5 わが家も、とりあえず平和?


テーマ:ワイマラナー - ジャンル:ペット

  1. 2012/09/07(金) 07:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

五月晴れ

Author:五月晴れ
ハル=HAL(ワイマラナー)♂
2003年1月23日
前橋生まれ、愛知県在住

父: DES NEBELS KAPITAN
GRAUGEIST CH(AM)(モンティ)

母:MINERVA OF ACTIVE BEGIN JP CH/02.10



メイ=MAY(Mダックス)♀
1995年1月9日
浜松生まれ、愛知県在住

☆お星様になった日
2011年12月4日
17歳のお誕生日まであと36日

いくつになったの

*script by KT*

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンクありがとう♪

フリーエリア

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード